イチゴ狩りをする

イチゴ狩りのシーズンについてのこと

イチゴ狩りのシーズンは、ハウス栽培の場合は、1月から5月のゴールデンウィークまでのところが多いです。早いところでは、12月から行っているところもあります。冷涼な気候の地域などの場合は、6月くらいまで行っているところもあります。 また、北海道の場合は、露地栽培でイチゴを栽培しているところが多いです。そのため、北海道などの場合は、6〜7月にイチゴ狩りができるところが多いです。 イチゴ狩りの特集を行っている旅行誌などがたくさんあるため、自分が住んでいる地域などのイチゴ狩りのシーズンを調べやすいです。インターネットなどのサイトにも情報がたくさんあるため、どの品種のイチゴをとることができるのかなどを比較してからいくことが良いです。

イチゴ狩りできるイチゴの品種や体験などについて

イチゴ狩りでは、さまざまな品種のイチゴをとることができます。とちおとめ、あきひめ、とよのか、あまおうなどのスーパーなどで見かける品種だけではなく、女峰、紅ほっぺ、アイベリー、さがほのか、ふさのか、あかねっ娘、アスカルビー、ひのしずく、越後姫、とちひめ、やよいひめ、かおり野、かなみひめなどのさまざまな品種を収穫することができ、なかなか味わうことができないイチゴを食べ比べすることができます。 また、イチゴ狩りだけではなく、さまざまな体験もすることができます。その中には、イチゴのジャム作り体験があります。新鮮なイチゴでジャムを作ることができるので、非常においしいです。イチゴ以外のフルーツも取れるところがたくさんあるので、非常に魅力的です。